CATEGORY

読書

  • 2017年6月21日
  • 2017年9月22日

米中もし戦わば 戦争の地政学

『米中もし戦わば 戦争の地政学』 著 : ピーター・ナヴァロ 訳 : 赤根洋子 解説 : 飯田将史 いままで全然読んだことのない、政治系の本を初めて読んでみた。 きっかけは、KAZUYAさんという、政治系の動画をアップしているYoutuberさんの動画で紹介されていたこと(わたしが見てるのはニコ動で […]

  • 2017年6月13日
  • 2017年9月22日

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

『20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義』 著 : ティナ・シーリグ 訳 : 高遠 裕子 スタンフォード大学で起業家のための講座を教えているティナ・シーリグさんが、そこで教えていることやその根本にあるマインドについて書いた本。 本もとてもおもしろいが、やはり授業を受けてみた […]

  • 2017年5月1日
  • 2017年9月22日

ザ ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

『ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か』 著 : エリヤフ・ゴールドラット 訳 : 三本木 亮 堅そうな本だと思っていたけど、小説形式で意外に読みやすかった。 常に納期に遅れまくっていて赤字の工場の所長さんが主人公。 上司から、「このまま赤字じゃ工場は閉鎖するしかないから、3ヶ月でどうにかしろ! […]

  • 2017年4月5日
  • 2017年9月22日

ドミノ

『ドミノ』 著 : 恩田陸 わりとビジネス書ばかり読んでいたので、ちょっと小説。 恩田陸さんはとても好きな作家さん。今回のもとてもおもしろかった! ドミノは、登場人物がとてもたくさん。 保険契約の売上を今月締めに間に合わせるために奮闘する保険会社の社員、ミステリーマニアの大学生、映画監督、痴話喧嘩し […]

  • 2017年2月20日
  • 2017年9月22日

ザ ・バイブル 読むだけで身につくお金と人に好かれる習慣

『ザ・バイブル 読むだけで身につくお金と人に好かれる習慣』 著 : 菊地英晃 とてもおもしろかった! ネットワークビジネスで成功するためのハウツー本としてもとても具体的でわかりやすいし、物語形式で主人公が悩みながら少しずつ成長していく姿が描かれていて読みやすい。 これ自体はネットワークビジネスの話だ […]

  • 2017年2月14日
  • 2017年9月22日

星の商人

『星の商人』 著 : 犬飼 ターボ 少しファンタジーな物語なので読みやすい。 主人公のレキがとても気立てがいい子なので魅かれる。 『他の成功は己の成功』 = 他人の成功を助ければ、自分も成功する これを信じて実践できるかどうかで、人生がとても変わってしまうという話。 「この世の富は限られたものではな […]

  • 2017年2月5日
  • 2017年9月22日

GRIT やり抜く力

『やり抜く力』 著 : アンジェラ・ダックワース 翻訳 : 神崎朗子 簡単に言うと、内容はこんな感じ。 ・偉業を成し遂げた人は「才能がある人」というよりは、「やり抜く力がめちゃめちゃ強い人」 ・「情熱」×「やり抜く力」が成功の鍵 ・好きなことでなければ続けられない ・なんとなくやり続けるのではなく、 […]

  • 2017年1月23日
  • 2017年9月22日

アントレプレナーの教科書

『アントレプレナーの教科書』 著 : スティーブン・G・ブランク 翻訳 : 堤孝志 翻訳 : 渡邊哲 まだ読んだことがなかったので読んでみました。 スタートアップに関わり始めた当初から、リーンスタートアップの手法を教わってきたけれど、「顧客開発」という考え方とその具体的なステップはとても参考になりま […]

  • 2015年11月12日
  • 2017年9月22日

100の思考実験: あなたはどこまで考えられるか

『100の思考実験: あなたはどこまで考えられるか』 著:ジュリアン バジーニ イラスト:河井美咲 翻訳:向井 和美 思考実験というのは、現実にはなかなか起こりえないような条件を仮定して、その条件の元でどういう決断をするかを考える、というものです。 一番有名なのは、「トロッコ問題」と呼ばれているもの […]

  • 2015年10月24日
  • 2017年9月22日

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント 改訂版

改訂版 『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント』 著:ロバート・キヨサキ 訳:白根美保子 まずは、この本の要点をまとめてみたいと思います。 ・4つのクワドラント 世の中の収入を得ている人は、下記の4つのクワドラントのうちのいずれかに属している。 E(Employee)従業員 S(Self-e […]