宝酒造杯5月

  • 2017年5月19日
  • 2017年9月22日
  • 囲碁

先週は宝酒造杯の東京大会に出てきました。三段戦。

結果は2勝3敗とぼちぼちだったけど、自分の実力だと二段のほうが無難かな〜と思っていた上での三段挑戦だったので、むしろ2勝できて満足!しかも最初に2勝したし!良かった!

あと、負けた相手も実力的にはそんなに差があると感じなかったことが、一番大きかったなぁ。三段でもなんとか打てるんだ、って思えました。
酒造杯はいろんな実力の人がいろんな段位で出てるので、明らかに強いなぁって人と当たることもあるので・・・。まぁ運が良かったとも言う。笑

そう、それになんだか読みが前より少しクリアになった感じがしたのもすごく良かった。石をイメージするとき途中でわかんなくなりにくいし、ちゃんと数手先の図で良し悪しを判断できた。

負けた碁は、そもそも打つべき手が見えてなかったり、打ち方が全然わからないやりづらい碁形にしちゃったり、という感じ。

一応詰碁とか手筋とかの問題はわりと簡単なやつ(だけど実践では間違えたり気づかなかったりしそうなやつ)を、なるべく毎日コンスタントにはやるようにしてるので、そういうのが効いてきてると思いたい。

タイゼムも最近少しずつまた打ちはじめました。最初なかなか勝てなくて心折れそうになったけど、いまは勝ったり負けたりできるようになってきました。

早く1dになりたいなぁ。むしろ最初の連敗が痛くて、2kに落ちそうだけど・・・。笑
マイペースにがんばって、まずはタイゼム1dを目指しまーす。