• 2017年10月8日
  • 2017年10月11日

衆院選の争点を考えよう③ 消費税増税

※自由党の主張がぽっこり抜け落ちていました…すみません。追記しました。(2017/10/11) 自由党も小沢さんは無所属で出馬、党公認候補はなしですが、党の方針は書いていきます。 こんにちはー。くまぽろです。 元民進党の枝野さんが立憲民主党を作り、衆院選関連はさらに話題が増えましたねー。 各党の公約 […]

  • 2017年10月3日
  • 2017年10月3日

速読はじめて1ヶ月経過

速読を初めてから1ヶ月たったので、ソクノー速読というサイトのグラフを見てみよー。 グラフを見る まずは眼筋よこから。 グラフをトレーニング20回分までしか一気に出せないので、上が8/31〜9/19、下が9/21〜10/3です。 (9/20はトレーニングできてなかったっぽい) ふむふむ。 最初にすぐ慣 […]

  • 2017年10月2日
  • 2017年10月8日

衆院選の争点を考えよう② 憲法改正

※立憲民主党の立場を追記しました。社民党の立場が憲法改正賛成か反対かについても、「よくわからない」→「反対」に変更しました(2017/10/5) ※各党の公約が発表されたので、公明、希望、立憲民主の主張を修正しました(2017/10/8) こんにちはー。くまぽろです。 衆院選の争点を考えるシリーズ第 […]

  • 2017年9月30日
  • 2017年10月5日

衆院選の争点を考えよう① 安保法制

※立憲民主党の立場を追記しました(2017/10/5) 衆院選が10月10日公示 – 22日投開票に決まりましたね。 東京都知事の小池さんが希望の党の代表になったり、民進党が事実上解党することになったり、政界がだいぶ動いてます。 選挙でどこに誰に投票するのかを考えるためにも、まず争点とな […]

  • 2017年9月28日
  • 2017年9月29日

未来の世界を考える本 その3

『2050年の世界 ― 英『エコノミスト』誌は予測する』 著 : 英『エコノミスト』編集部 訳 : 東江一紀、峯村利哉 解説 : 船橋洋一 紙で読む Kindleで読む 未来の世界についての本、3冊目。 シンクタンク機能をもったイギリスのエコノミスト誌が2050年の世界を予測する、という内容です。 […]

  • 2017年9月27日
  • 2017年9月29日

「速読らくらくエクササイズ」を7日間やってみた

『<目と脳がフル回転>速読らくらくエクササイズ』 著 : 松田 真澄 この本を試してみた。速読本3冊目なり。 速読がどういうものか、という論旨は、わたしが最近やっている「ソクノー速読」というオンライン速読トレーニングサイトと共通している。つまり、 超人的なものではなく、認知科学をもとにト […]

  • 2017年9月24日
  • 2017年9月28日

衆議院の解散って大義とかいるの?

「衆議院、解散するぞー」とニュースになってますね。 現内閣を批判する人々は「大義がない」って言ったり、内閣側は「人づくり解散」て名前つけたりしてる。 それを見て、率直に 「解散するのに大義とか必要なの?」 「人づくり解散て意味がわかんないです」 などと思ったので、まずは解散する権利がどう規定されてる […]

  • 2017年9月18日
  • 2017年9月29日

未来の世界を考える本 その2

『2030年ジャック・アタリの未来予測 ―不確実な世の中をサバイブせよ!』 著 : ジャック・アタリ 訳 : 林 昌宏 紙で読む Kindleで読む 著者のジャック・アタリさんは、フランスの経済学者として著名な方らしい。 過去にフランスの大統領補佐官や、欧州復興開発銀行総裁などを務めている。 表紙が […]

  • 2017年9月15日
  • 2019年6月12日

LINEスタンプ「囲碁くま」リリースしたよ

このまえ審査に出したLINEスタンプ「囲碁くま」。 ついに、審査をとおってリリースとなりました〜!わー、ぱちぱちぱち! 審査の期間は、 1回目に出したとき:7日後に審査落ちる (漢字が間違ってて、審査落ちました・・・あほの子でほんとごめん・・・) 2回目に出したとき:8日後に審査中になり、9日目に審 […]

  • 2017年9月13日
  • 2017年9月29日

未来の世界を考える本 その1

『2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」』 編 : 米国国家情報会議 訳 : 谷町 真珠 紙で読む Kindleで読む 米国国家情報会議という、世の中を中・長期予測するために作られた機関が出している本。 かつては、アメリカの大統領、閣僚、議会有力者などにしか公開さ […]